冷やし中華を温かくしてラーメンにするとおいしい?飽きずにおいしく食べるアレンジも!

夏に食べたくなる冷やし中華。

冷やし中華って基本冷たいですが温かくしてラーメンにするとおいしいんでしょうか?

たくさん食べてると飽きてくることも。

そこで今回は

  • 冷やし中華って温かくしてラーメンにするとおいしい?
  • 飽きずにおいしく食べるアレンジ

についてまとめました。

それではいってみよー(*^▽^*)/

スポンサーリンク


冷やし中華を温かいラーメンにするとおいしい?

冷やし中華を温かくして食べるとおいしいのか調べてみました。

結論は食べられないこともないけどあんまりおいしくない(;’∀’)

Yahoo!知恵袋を参考にしてみましたが塩気がなくすっぱくてあんまりおいしくないとのこと。

以前、インスタントの冷やし中華を間違ってラーメンにした事がありますが 酸っぱさが際立ち、しょっぱさも皆無なので食べれたものではありませんでした。 とても、おすすめできません・・

引用元:Yahoo!知恵袋

もしどうしても温かいラーメンとして食べるなら麵はそのまま使ってスープは別のものを作った方が無難です。

スープをつくるのがめんどくさければこんなものも売ってます。


それか麵は冷たいままですがつけだれを温かくいして食べるのもいいかと思います。

つけだれの作り方は冷やし中華に付属のしょうゆだれ、水1カップ、酒大さじ1、みりん小さじ1、砂糖小さじ1/2、しょうゆ大さじ1、和風だしの素少々を混ぜサラダ油で豚肉切り落とし50g、長ネギとしめじを炒め、合わせた調味料を加え沸騰させて完成!

つけだれに七味をかけるとピリ辛になってもっとおいしくなります。

スポンサーリンク


飽きずにおいしく食べるアレンジ

温かいラーメンはちょっと微妙…ということで他のアレンジを調べてみました。

おいしく食べるアレンジは

  1. キムチ鍋のシメ
  2. ジャージャー麵
  3. 担々麺
  4. 油そば
  5. 温かいつけ麺にする
  6. 細かく砕いて揚げ物用衣にする
  7. ラーメンサラダにする

の7つです。順番に紹介していきますね。

1.キムチ鍋のシメにする

麵だけ使ってキムチ鍋のシメに使って食べる。これもいいですねー。

辛くてとってもおいしい♪

別にキムチ鍋でなくてももつ鍋とか水炊きとか麵がシメの鍋ならなんでもOK!

2.ジャージャー麵

ジャージャー麵は麵の上に肉みそと細かく切ったタケノコやシイタケを入れ、トッピングにきゅうりやネギをのせて食べます。

麵は基本生めんですがこれをかた焼きそばにして食べるのがポイント。

かた焼きそばは油をひいたフライパンに麵を入れフライ返しで押さえつけながら両面焼くとできますよ。

3.担々麺

豆板醬のきいた肉みそが麵とからんでとってもおいしいですよね♪

担々麺にするときのポイントは付属のつゆがごまだれの場合におすすめ。

酸味も効いてごまの風味がまた担々麵との相性抜群!

4.油そば

油そばは汁気のないラーメンのこと。太麺が普通ですが、冷やし中華だと麵が細いのでちょっと違いますが…。

麵をゆでてよく水を切り(水では締めません)味玉やのりをトッピングして食べます。

油そばの場合は付属のたれがしょうゆ味のときにおすすめ!

酸味の効いたしょうゆ味がおいしいです♪

5.細かく砕いて揚げ物用衣にする

柿ピーやコーンフレークを砕いて揚げ物用衣にすることは知っている方もいるかもしれませんが、これと同じように麵も揚げ物用衣になります。

だたこれをやる場合は日清のラ王冷やし中華のような乾麺タイプがおすすめです。

6.ラーメンサラダにする

スパゲティーサラダのようにラーメンサラダにしても♪

サラダなので温かくはないですがキュウリやハムとマヨネーズを合わせておいしくいただきましょう!

スポンサーリンク


あまったつゆはドレッシングに

麵だけ使ってつゆがあまってしまった時はサラダ油かごま油をたしてドレッシングにしてしまいましょう!

ドレッシングを作るときは醤油とか酢とかいろんな調味料を合わせる必要がありますが、つゆはもう全部組み合わさっているので、油をたすだけで簡単にドレッシングができちゃいますよ

まとめ

今回は冷やし中華を温かくしてラーメンにするとおいしいのか、飽きずにおいしく食べる方法について紹介しました。

内容をまとめると

  • 冷やし中華をラーメンにしてもあんまりおいしくない
  • 温かいラーメンにするなら付属のつゆは使わずスープを別で作った方がいい
  • 飽きずにおいしく食べる方法はジャージャー麵、担々麺、油そば、揚げ物用衣、ラーメンサラダにして食べる
  • あまってしまったつゆはドレッシングにする

といった記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です