洗えない布製イスのシミをきれいにする方法!セスキ炭酸ソーダを使った掃除のやり方

あなたのおうちには布製のイスやはありますか?

布製のものって、食べ物をこぼしたりした時にシミがついてしまって困るんですよね。しかも取り外して洗えればいいのですが、取り外しできなくてそのまま汚れを放置してしまうことも・・・。

うちでもダイニングで布製のイスを使っているのですが、イスの汚れをずっと放置していました。

そこで今回布製イスやソファーの汚れを落とす方法を調べ、実際に検証してみました!

汚れを落とす洗剤はセスキ炭酸ソーダです。やり方もとても簡単なんですよ!

それではいってみよー(*^▽^*)/

スポンサーリンク


布製イスの汚れにはセスキ炭酸ソーダが効く!

まずセスキ炭酸ソーダについてですが、弱いアルカリ性で、重曹よりも水にとけやすく油汚れも落としやすいのが特徴です。また酸性の臭い(酸性の臭いとは汗の臭い、食べ物のの臭いなど)を消臭する効果も。

なので食べ物の汚れがつきやすい布製イスには最適の洗剤です。臭いも消えるので一石二鳥ですね!

布製イスの汚れの落とし方!

布製イスの汚れの落とし方は

  1. セスキ炭酸ソーダのスプレーボトルを作る
  2. スプレーを汚れたところに吹きかけて超吸水スポンジで汚れを吸い取る
  3. イスを乾かして終了

の3ステップです。それでは順番に解説していきましょう。

セスキ炭酸ソーダのスプレーボトルを作る

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル

セスキ炭酸ソーダ大さじ1、水500mlをスプレーボトルに入れてよく振って完成です。

セスキ炭酸ソーダは100円ショップやドラッグストア、ホームセンターに売っています。スプレーボトルも100円ショップに売っているもので十分です。

スプレーを作るのがめんどくさい方はスプレーそのものも売っていますよ。

スポンサーリンク


スプレーを汚れたところに吹きかけて超吸水スポンジで汚れを吸い取る

今回掃除するのはこのイスです。

お見苦しい画像ですみません・・・

長年使っていて食べ物のシミがたくさんついています。

 

こちらは実際に私が使ったものです

超吸水スポンジはその名の通り吸水性が抜群のスポンジで、吸い取った水をしぼればまた元の吸水力が戻るというすぐれものです。ホームセンターで350円くらいで買いました。

もし超吸水スポンジがなければ、いらなくなった布や雑巾を使ってもOKです。

スプレーボトルは市販品の中身がなくなってしまったので、手作りしたものが入っています。

このシミがあるところを重点的にスプレーし、超吸水スポンジで汚れをふき取っていきます。

汚れがひどい場合は多めにスプレーします。

このときにあまり強くこすってしまうと汚れが広がってしまうので注意してくださいね!

イスを乾かして完了

汚れがひどかったため多めにスプレーしてイスがべたべたになってしまったので、1時間ほど天日干ししました。

乾いてこんな感じになりました

 

どうですか?かなりキレイになりましたよ!

スポンサーリンク


セスキ炭酸ソーダで落とせない汚れの種類はあるのか?

セスキ炭酸ソーダは軽い皮脂汚れや油汚れには効果を発揮しますが、激しい泥汚れ、汗の汚れ、機械油などのがんこな油汚れを落とすのにはあまり向いていません。

この場合は洗濯洗剤、漂白剤を使って汚れを落とすことをおすすめします。

まとめ

実際にイスをきれいにしてみて、少しシミのあとが残ってしまいましたがかなりきれいになりました。

きれいになって気持ちよくイスを使うことができてうれしいです。

洗えない布製イスにはセスキ炭酸ソーダが効く!

みなさんもぜひこの方法でイスをきれいにしてみてくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です